政財界倶楽部         (恩田将葉見聞録)

INFORMATION
New Album
2006年1月18日発売
『リボン』
[初回盤]
[初回盤]
価格:3,150円(税込)
SNCC-86913
(CD+DVD/2枚組)
この商品を購入する
[通常盤]
[通常盤]
価格:2,800円(税込)
SNCC-86914 
この商品を購入する
LINK
ゆずOFFICIAL SITE
ARTIST DATA
ツアーブログ 総動員DEいきまっしょい!!
excite MUSIC

沖縄基地問題視点を変えて見れば・・・

沖縄基地問題視点を変えて見れば・・・
2010年5月29日

 沖縄の基地問題は、何故沖縄に米軍基地があるかを、ちょとだけ視点を変えてみれば理解しやすくなる。先の大戦で、連合軍が日本本土を攻撃できたのは、沖縄と硫黄島を陥落させることができたからだ。何故なら、爆撃機は、沖縄や硫黄島のように、日本本土に近い島を給油基地として確保しなければ、本土爆撃に飛ばすこともできなかったからだ。

 例外的に、真珠湾攻撃の直後、川崎地区をアメリカ軍が爆撃したが、これは、まるで日本の特攻隊のように、片道燃料で、重装備は全てはずして、無理やり空母から飛び立ったもので、とても継続的に戦略として攻撃できるものではなかった。真珠湾を攻撃されたアメリカ軍人の意地で、一度だけ成し遂げられたことである。

 本格的に本土爆撃が叶うのは、それから随分後、終戦間際の期間、沖縄と硫黄島を占領してからのことだ。そのことは、多少の違いはあれど、今でも変わらない。このことを、日本人はすっかり忘れている。

 アメリカ軍が沖縄に駐留しているのは、アメリカ軍が台湾海峡や朝鮮半島での有事を想定して、給油なしで飛んでいける範囲内に前線基地を置くという意味もあるが、アメリカ軍が沖縄にいることで、他国が日本を攻めることができないようにするという、先の大戦でアメリカ軍が身をもって体験した経験に基づく戦略的意味合いも大きいのだ。それは、アメリカのためもあるが、日本にとっての意味合いの方が遥かに大きい。だが、多くの日本人は、そういう風に視点をもっていくことさえできなく偏向した視点のみに立ってしまい、基地の存在自体を否定している。悲しむべきことだ。

 誰も戦争を望んでいる者はいない。前線に送られるかわからない海兵隊員も、死と隣り合わせの危険地帯に望んでいく者など誰い一人いない。だが、パワー・オブ・バランスが崩れてしまえば、抑止力が利かなくなり。それこそ、戦闘を覚悟しなければならないことになるので、アメリカは、軍事戦略を展開しているのだ。しかも、朝鮮半島は、何度も言うが、休戦協定下であるだけで戦時下である。いつ、戦闘が開始されてもおかしくないのだ。

 現実的に、ここまで経済発展を遂げた中国が、国際的な批判を受けてまで、アメリカ軍が手薄になったからといって沖縄や日本本土を攻めてくることはないであろう。だが、北朝鮮が攻めてこないという保証はどこにもない。だとすれば、やはり沖縄に米軍が駐留する意味は非常に大きく、必要不可欠なことであるということを、我々日本人は理解しなければならない。
[PR]
by seizaikai_club | 2010-05-30 00:15 | アメリカ関係
<< 米軍が沖縄に駐留する意味 民意を無視いた亀井小沢の我欲に... >>

「政治をもっと身近に」をスローガンにして、日本人にもっと「愛国心」を喚起すべく語る。
by seizaikai_club
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
政財界倶楽部代表  恩田将葉
 「政治をもっと身近に」をスローガンに、一人でも多くの日本国民が政治に関心を持ち、参加してくれるよう、執筆活動、出版活動等を通じ「愛国心」啓蒙活動をしている。国際化が進む世界の中で、日本の政治も若者の手で変革しなければならない!!

 政財界倶楽部代表恩田将葉は、 アメリカ合衆国カリフォルニア州で約9年間生活。その間、サン・フランシスコ州立大学(San Francisco State University, SFSU)国際関係学部で国際関係学と政治を学び、朝鮮半島問題専攻で卒業。その後、暫くアメリカで現地法人の会社(People Intertrade, Inc.)を経営した後帰国。帰国後は、記者と編集者を経て出版社である株式会社ぴいぷる社と株式会社政財界出版社、そして、夕刊紙「内外タイムス」を発行する株式会社内外タイムス社の社長に就任。活字業界一筋に生きてきた。現在は、経営から一歩引き、国際情勢ならびに政治を中心に、ジャンルを問わず執筆活動を継続中。プロの文士として、随筆、小説、脚本等あらゆる分野で執筆活動を展開し、文章を綴ることを天職としている。そのかたわら、日本に、嘗てのごとく「愛国人」を増やすべく、「政治をもっと身近に」をスローガンに、自ら「政財界倶楽部」を運営している。

検索
カテゴリ
タグ
以前の記事
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧