政財界倶楽部         (恩田将葉見聞録)

INFORMATION
New Album
2006年1月18日発売
『リボン』
[初回盤]
[初回盤]
価格:3,150円(税込)
SNCC-86913
(CD+DVD/2枚組)
この商品を購入する
[通常盤]
[通常盤]
価格:2,800円(税込)
SNCC-86914 
この商品を購入する
LINK
ゆずOFFICIAL SITE
ARTIST DATA
ツアーブログ 総動員DEいきまっしょい!!
excite MUSIC

日本政府と民主党に強い憤り

日本政府と民主党に強い憤り
2010年5月18日

現在開催されている上海万博の日本館のみが、
一切自国の国旗を掲揚していないそうだ。
フラッグ・ポールさえ立てていないという。
外務省は、
中国人への配慮といっているようだが、
中国政府側からは、
そのような要請は出したことはないとのこと。
他の参加国は全て、
何本もの自国旗を
自国館の周囲に
はためかせている。
にもかかわらず、
日本館のみが、
一切自国の日章旗を排除しているとのこと。
万博を訪れた、
諸外国からの来訪者たちも、
中国人を含め、
奇異で不思議に思っているとのことだ。

やはり
民主党は、
組合や日教組によって成り立っている党ということなのだろう。
民意よりも、
組合や日教組の意向を優先するということのようだ。
非常に大きな憤りを覚える。
国民に民意を問うたのか?
決して過半数の国民の民意ではないはず。
国際的な場で、
そのような痴態をやってのける民主党に、
政府を任せるわけにはいかない。
日章旗を変えたいということを国会の場で議論もせず、
教育の場や国際的な場で、
勝手にこのようなことを為すということは、
国益に反する。
どこの国も、
自国の国旗に礼を尽くしている。
それは当たり前のことで、
その国の信用にもつながる。
自国の国旗に対し、
国際的な場で、
このような非礼を政府が為すことは、
国際的にも、
信用を失墜することであり、
国益に反する行為だ。
これは断じて許しがたい。

以前よりいっているように、
日本人の国旗に対する意識は
低すぎる。
寄せ書きと称して、
国旗に書き込むことも、
世界中で日本人のみがすることだ。
オリンピックなどの国際的な場でも、
寄せ書きされた日章旗を、
はずかしげもなく振り回している。
ああいう行為は、
他国人からしたら、
信じられない行為にしか見えない。
外国人が一番驚くことなのだ。

アメリカでは、
国旗を汚す行為は、
非常に厳しく罰せられる。
法律でも明文かされている。
国旗に書き込みをしたり、
焼いたりしたら、
執行猶予なしの実刑だ。
そもそも、
逮捕される前に、
自国民になぶり者にされる。
この日本人の体質は、
国際社会において、
恥ずべき体質だということを、
本来政府が率先して
国民に知らしめてしかるべきである。
にもかかわらず、
政府自体が、
自国の国旗を恥じるとは何たることぞ。
何が中国人への配慮だ。
その前に自国民への配慮だろ。
非常に強い憤りを覚える。
日本人のアイデンティティーは、
どこにいってしまったのだ。
[PR]
by seizaikai_club | 2010-05-18 10:27 | 政治
<< やっと揚がった日章旗 民主党山岡国対委員長発言のお粗末 >>

「政治をもっと身近に」をスローガンにして、日本人にもっと「愛国心」を喚起すべく語る。
by seizaikai_club
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
政財界倶楽部代表  恩田将葉
 「政治をもっと身近に」をスローガンに、一人でも多くの日本国民が政治に関心を持ち、参加してくれるよう、執筆活動、出版活動等を通じ「愛国心」啓蒙活動をしている。国際化が進む世界の中で、日本の政治も若者の手で変革しなければならない!!

 政財界倶楽部代表恩田将葉は、 アメリカ合衆国カリフォルニア州で約9年間生活。その間、サン・フランシスコ州立大学(San Francisco State University, SFSU)国際関係学部で国際関係学と政治を学び、朝鮮半島問題専攻で卒業。その後、暫くアメリカで現地法人の会社(People Intertrade, Inc.)を経営した後帰国。帰国後は、記者と編集者を経て出版社である株式会社ぴいぷる社と株式会社政財界出版社、そして、夕刊紙「内外タイムス」を発行する株式会社内外タイムス社の社長に就任。活字業界一筋に生きてきた。現在は、経営から一歩引き、国際情勢ならびに政治を中心に、ジャンルを問わず執筆活動を継続中。プロの文士として、随筆、小説、脚本等あらゆる分野で執筆活動を展開し、文章を綴ることを天職としている。そのかたわら、日本に、嘗てのごとく「愛国人」を増やすべく、「政治をもっと身近に」をスローガンに、自ら「政財界倶楽部」を運営している。

検索
カテゴリ
タグ
以前の記事
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧