政財界倶楽部         (恩田将葉見聞録)

INFORMATION
New Album
2006年1月18日発売
『リボン』
[初回盤]
[初回盤]
価格:3,150円(税込)
SNCC-86913
(CD+DVD/2枚組)
この商品を購入する
[通常盤]
[通常盤]
価格:2,800円(税込)
SNCC-86914 
この商品を購入する
LINK
ゆずOFFICIAL SITE
ARTIST DATA
ツアーブログ 総動員DEいきまっしょい!!
excite MUSIC

羽田ハブ空港化問題で見せた見苦しい森田千葉県知事のパフォーマンス

羽田ハブ空港化問題で見せた
見苦しい森田千葉県知事のパフォーマンス
2009年10月14日

 前原誠司国土交通相が、羽田空港を国際的なハブ空港化する方針を表明したことについて、成田空港を抱える千葉県成田市の小泉一成市長や森田健作千葉県知事が猛烈に反発するパフォーマンス記者会見を行った。彼らの立場からしたら、地元を無視して大阪の橋下知事との会談で表明した形は、不愉快極まりないことであったのであろう。そこのところは理解できる。だが、経済大国日本の海外からの玄関口としての成田空港の現状を本当に理解していたら、あのような発言はできないように私は思う。

 そもそも、あれだけの空港建設反対運動があったにもかかわらず1978年開港された成田空港だ。今更、成田でなければ、という理論自体おかしい。そもそも、成田に空港ができること自体、多くの地元住民や左派の活動家達は反対していたのではないか。それが、羽田をハブ空港化されると聞いた途端に反対の声を上げるというのは、県民の声を代弁しているのでも何でもなく、政治家として地元を意識した自らの保身パフォーマンスとしか受け取れない。見苦しいことこの上ない。その証拠に、今日、森田知事は国土交通省に前原大臣を訪ね会談を行ったようだが、昨日のパフォーマンスとは打って変わってトーンダウンしたどころか、非常に友好的でニコニコと終始笑みを絶やさなかったではないか。何とも底が見えてしまったというか、あまりにも軽いノリに開いた口が塞がらない。

 他国と比較しても、経済大国日本の玄関口成田空港は異常なほどに過密な状況この上なく、その上、国際空港であるにもかかわらず、国内線へのトランジットが儘ならない非常に不便な環境にある。海外からの利用者にとっても、国内地方からの利用者にとっても非常に使い勝手の悪い国際空港である。国内線を利用しようと思えば、羽田までリムジン・バスや電車で移動しなければならない。こんなに不便な空港は世界中探してもなかなかない。それが、世界中で最も海外からや海外への渡航者が多い日本の玄関口の現状なのだ。

 これらの問題が解決できない理由は、言わずと知れた地元住民や反対派活動家達による根強く強烈に続く反対運動だ。新たなる滑走路を増築することも儘ならない。24時間体制にすることもできない。滑走路を延長するのにも四苦八苦している。これでは、二進も三進もいかないのは誰の目にも明らかだ。

 それに引き換え、羽田の状況は大分昔とは変化している。嘗ては騒音問題等で、羽田でも激しい地元住民や左派活動家達による反対運動があった。だが、埋め立て技術も向上し、東京湾側に広大な埋め立てが可能になり、実際滑走路の数も増え、まだまだ問題は山積されているがターミナルも増築され、ハブ空港化も可能な環境になりつつある。確かに、国際線ターミナルには問題が山積されているし、国際ハブ空港化ともなれば現状のターミナルでは手狭である。だが、本格的に国際ハブ空港化となれば、根本的に空港内の住み分けや配置自体が組み替えられ、さらにターミナルも増築されるに違いない。そうなれば、やはりどう考えても羽田の方が、国際ハブ空港化への可能性は格段に高いことは誰の目にも明らかだ。

 大体、国際線と国内線が同じ飛行場に設置されるということは、国際空港としての常識だ。それが、成田では為されていないのだ。根本的な部分で大いに問題がある。羽田では、今年完成した4本目の滑走路は、現在の離着陸頻度から考慮すると、直ぐに4000メートル級滑走路に延長されるはずだ。そのことは、着工当時より優先課題として取り沙汰されている。新滑走路の延長が実現すれば、神奈川県にも空港敷地が広がる。そうなれば、東京都だけではなく神奈川県も、新東京神奈川国際空港ということで、二つの自治体がそれぞれインフラ整備などに当たることになり、色々な面でより一層利便性が図られることが期待できる。

 一番考慮しなければならない利用者の利便性という観点からしても、首都東京へのアクセスも容易であるどころか、横浜へのアクセスも容易であり、プラス面の方が格段に多いことは一目潦是だ。また、新幹線への乗り継ぎも非常に容易で便利である。どう考えても、羽田の国際ハブ空港化の方が国益に繋がる。前原大臣の提言は間違っていない。そのことは、誰の目にも明らかだ。

 にもかかわらず、あの様な見え透いた安っぽいパフォーマンスを演じる森田知事の政治家としての資質を疑いたい。選挙の際の無所属問題、政治資金問題、そして、今回の問題。何だか森田知事の印象は、まるで青春ドラマの主人公のように一見熱いように見えて案外軽いのかもしれない。どんなパフォーマンスを演じるのも森田知事の勝手だが、政治家なのだから、まず国益を考えた上で言葉を発して頂きたいものだ。そう感じたのは、私だけであろうか? 
[PR]
by seizaikai_club | 2009-10-14 22:48 | 政治
<< 新型インフルエンザの不思議 広島・長崎オリンピック共同開催の意義 >>

「政治をもっと身近に」をスローガンにして、日本人にもっと「愛国心」を喚起すべく語る。
by seizaikai_club
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
政財界倶楽部代表  恩田将葉
 「政治をもっと身近に」をスローガンに、一人でも多くの日本国民が政治に関心を持ち、参加してくれるよう、執筆活動、出版活動等を通じ「愛国心」啓蒙活動をしている。国際化が進む世界の中で、日本の政治も若者の手で変革しなければならない!!

 政財界倶楽部代表恩田将葉は、 アメリカ合衆国カリフォルニア州で約9年間生活。その間、サン・フランシスコ州立大学(San Francisco State University, SFSU)国際関係学部で国際関係学と政治を学び、朝鮮半島問題専攻で卒業。その後、暫くアメリカで現地法人の会社(People Intertrade, Inc.)を経営した後帰国。帰国後は、記者と編集者を経て出版社である株式会社ぴいぷる社と株式会社政財界出版社、そして、夕刊紙「内外タイムス」を発行する株式会社内外タイムス社の社長に就任。活字業界一筋に生きてきた。現在は、経営から一歩引き、国際情勢ならびに政治を中心に、ジャンルを問わず執筆活動を継続中。プロの文士として、随筆、小説、脚本等あらゆる分野で執筆活動を展開し、文章を綴ることを天職としている。そのかたわら、日本に、嘗てのごとく「愛国人」を増やすべく、「政治をもっと身近に」をスローガンに、自ら「政財界倶楽部」を運営している。

検索
カテゴリ
タグ
以前の記事
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧