政財界倶楽部         (恩田将葉見聞録)

INFORMATION
New Album
2006年1月18日発売
『リボン』
[初回盤]
[初回盤]
価格:3,150円(税込)
SNCC-86913
(CD+DVD/2枚組)
この商品を購入する
[通常盤]
[通常盤]
価格:2,800円(税込)
SNCC-86914 
この商品を購入する
LINK
ゆずOFFICIAL SITE
ARTIST DATA
ツアーブログ 総動員DEいきまっしょい!!
excite MUSIC

古賀誠の思惑東国原宮崎県知事の思惑、そして、その意味

古賀誠の思惑東国原宮崎県知事の思惑、
そして、その意味
2009年7月17日

 古賀誠自民党選挙対策委員長が東国原宮崎県知事に出馬を要請し、東国原知事が知事会のマニフェストの採用と自身の総裁選出馬権限に関し条件として古賀誠に出した問題は、大きな波紋を呼んだ。多くの自民党員は、東国原の驕りと憤った。多くの国民も憤った。実際、東国原知事の言動は、驕りに見えた。だが、冷静に振り替えてみると、そうではなかったことに気付く。そして、彼の思惑は100%果たされたのだ。だとすると、彼は大した政治家だ。

 古賀誠の思惑は、当初より客寄せパンダよろしく東国原の人気を利用しようとしただけである。それ以上でもそれ以下でもない。人気にあやかろうとしただけの非常に浅はかで、無責任で、有権者のことも候補者のこともバカにした高い目線からの彼らしい発想だ。だが、東国原知事の思惑は、マスコミや政界が問題視しているような思惑ではなかったようだ。それでは、彼の思惑はどこにあったのか。

 師匠であるたけしでさ、有権者の離反を肌で感じ、弟子である東国原と会食し叱咤激励した。だが、当の東国原知事は、自信に充ち溢れていたという。ただ、その自信は国政へ打って出る自信や自民党からの正式な出馬要請に対しての自信ではなかったとのだ。それは、知事会が望んでいることを、世間に知らしめたという思惑を達成した自信であったのである。確かに、全国知事会がここまで注目されたこともないし、知事会の意見が国政に影響を与えたこともない。ましてや、知事会が国政選挙に当たり、どのような主張をしているかなど、今まで有権者は知る由もなかった。だが、今回の選挙は今までとは違う。東国原知事が古賀と接触し、あのような馬鹿げた条件を提示したことで、全国知事会に所属する知事達が、地方のトップという立場からどのようなことを国政に望んでいるかということが国民の目に見えた。この功績は非常に大きい。元々、東国原知事の最大の目的は、ここにあったのだ。ただ、その流れの中で、チャンスが本当に巡ってくれば、元々いつかは国政へと思っている男である、「隙あらば」という心境もあったのであろう。だが、誰よりも、志半ばで宮崎県知事の座を捨てて国政に打って出ても、デメリットが大きくなることは本人自身が知っていたということだ。そんなリスクを背負ってまでも、古賀を相手に立ちまわった東国原知事の本音は、このチャンスを逃したら、全国知事会の思いを国民に伝えることができない、ということのみであったようだ。そして、そのこと自体が、この国の統治すステムを新しいものに変えるために必要不可欠であるとの強い思いもあったようだ。だが、それを口に出したら、格好の良いことばかりいってということになってしまうので、彼は一言も語らず、汚れ役に徹したのだ。だが、その思惑は達成された、と私は思っている。もしかすると、東国原という男は、世間が思っているよりも、この国のことを考え、愛し、変革を実現しようとする、非常にハートの熱い志士なのかもしれない。私は、今回の一件を見聞し、そんなことを強く感じた。中央集権型政治を地方分権型政治に変革することは、多くの有権者が目先しか見てないので気付いていないが、この国を健全な方向へ導くために、必要不可欠な一歩でもあるということを最後に明記しておく。
[PR]
by seizaikai_club | 2009-07-17 17:56 | 政治
<< 小沢一郎の戦略勝ち古賀誠の敵前逃亡 日本人の血 >>

「政治をもっと身近に」をスローガンにして、日本人にもっと「愛国心」を喚起すべく語る。
by seizaikai_club
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
政財界倶楽部代表  恩田将葉
 「政治をもっと身近に」をスローガンに、一人でも多くの日本国民が政治に関心を持ち、参加してくれるよう、執筆活動、出版活動等を通じ「愛国心」啓蒙活動をしている。国際化が進む世界の中で、日本の政治も若者の手で変革しなければならない!!

 政財界倶楽部代表恩田将葉は、 アメリカ合衆国カリフォルニア州で約9年間生活。その間、サン・フランシスコ州立大学(San Francisco State University, SFSU)国際関係学部で国際関係学と政治を学び、朝鮮半島問題専攻で卒業。その後、暫くアメリカで現地法人の会社(People Intertrade, Inc.)を経営した後帰国。帰国後は、記者と編集者を経て出版社である株式会社ぴいぷる社と株式会社政財界出版社、そして、夕刊紙「内外タイムス」を発行する株式会社内外タイムス社の社長に就任。活字業界一筋に生きてきた。現在は、経営から一歩引き、国際情勢ならびに政治を中心に、ジャンルを問わず執筆活動を継続中。プロの文士として、随筆、小説、脚本等あらゆる分野で執筆活動を展開し、文章を綴ることを天職としている。そのかたわら、日本に、嘗てのごとく「愛国人」を増やすべく、「政治をもっと身近に」をスローガンに、自ら「政財界倶楽部」を運営している。

検索
カテゴリ
タグ
以前の記事
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧