政財界倶楽部         (恩田将葉見聞録)

INFORMATION
New Album
2006年1月18日発売
『リボン』
[初回盤]
[初回盤]
価格:3,150円(税込)
SNCC-86913
(CD+DVD/2枚組)
この商品を購入する
[通常盤]
[通常盤]
価格:2,800円(税込)
SNCC-86914 
この商品を購入する
LINK
ゆずOFFICIAL SITE
ARTIST DATA
ツアーブログ 総動員DEいきまっしょい!!
excite MUSIC

石原都知事の嘆きもっとも呆れた民主党都議候補

石原都知事の嘆きもっとも呆れた民主党都議候補
2009年7月15日

 都議選直後の記者会見で、「いい迷惑」だと石原慎太郎都知事が嘆いていたが、都知事の嘆きはもっともでありよく理解できる。民主党が過半数を取り、形勢逆転で今後の都政に大きな影響がでることは間違いない。築地移転問題をはじめ、オリンピック誘致など、多くの問題が後戻りすることになるであろう。果たして、それが都民にとってプラスなのか、非常に大きな疑問を感じる。麻生政権の優柔不断さのトバッチリを東京都民が負うことになったと言っても過言ではない。

 そんな都議選の最中、珍風景というか珍演説を都内某所で見聞した。車で走っていると、ある民主党女性候補者の選挙カーが後ろについた。候補者は自転車でノボリを立てて走っている。耳を傾けてみて驚いた。この候補者は、本当に政治を知っているのか、と大きな疑問を感じたのだ。何故なら、都議選であるにも関わらず、この民主党女性候補、都政に関してのことは一言も語らない。やれ消費税をどうするの、北朝鮮をどうするの、拉致被害者をどうするの、郵政がどうのと国政に纏わることしか話さない。一体全体、この候補、ご自分がどんな選挙に立候補しているのか理解しているのであろうか? 都議の仕事は何か理解して立候補されているのであろうか? と非常に大きな疑問を感じた。同時に、民主党の候補者選びの甘さを目の当たりにした思いであった。

 ところが、選挙が終わってみると、その珍候補者も当選しているのだ。あんな政治音痴な候補者が当選して、都政は本当に大丈夫なのであろうか。心配になった。そんな候補を選んだ有権者も有権者である。政治に対する意識が低すぎる。国政と都政の区別さえついていない。石原知事の嘆きはもっともだ。同じようなことが、来る総選挙でも起こるのであろうか。何だか背筋に悪寒が走るのは私だけであろうか。民主党は、候補者選びをもっと厳しくし、候補者の教育も徹底してもらいたいものだ。何でも兎に角政権奪取すればいいというのでは、あまりにも無責任過ぎる。少なくとも、政治の「い」「ろ」「は」くらいは理解した候補者を擁立してもらいたい。さもなければ、民主党は「唯の烏合の衆」といわれても致し方ない。今こそ、この国にとって大切な時なのであるのだから。
[PR]
by seizaikai_club | 2009-07-15 01:04 | 政治
<< 古賀誠自民党選挙対策委員長辞任... 自民党分裂の可能性 >>

「政治をもっと身近に」をスローガンにして、日本人にもっと「愛国心」を喚起すべく語る。
by seizaikai_club
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
政財界倶楽部代表  恩田将葉
 「政治をもっと身近に」をスローガンに、一人でも多くの日本国民が政治に関心を持ち、参加してくれるよう、執筆活動、出版活動等を通じ「愛国心」啓蒙活動をしている。国際化が進む世界の中で、日本の政治も若者の手で変革しなければならない!!

 政財界倶楽部代表恩田将葉は、 アメリカ合衆国カリフォルニア州で約9年間生活。その間、サン・フランシスコ州立大学(San Francisco State University, SFSU)国際関係学部で国際関係学と政治を学び、朝鮮半島問題専攻で卒業。その後、暫くアメリカで現地法人の会社(People Intertrade, Inc.)を経営した後帰国。帰国後は、記者と編集者を経て出版社である株式会社ぴいぷる社と株式会社政財界出版社、そして、夕刊紙「内外タイムス」を発行する株式会社内外タイムス社の社長に就任。活字業界一筋に生きてきた。現在は、経営から一歩引き、国際情勢ならびに政治を中心に、ジャンルを問わず執筆活動を継続中。プロの文士として、随筆、小説、脚本等あらゆる分野で執筆活動を展開し、文章を綴ることを天職としている。そのかたわら、日本に、嘗てのごとく「愛国人」を増やすべく、「政治をもっと身近に」をスローガンに、自ら「政財界倶楽部」を運営している。

検索
カテゴリ
タグ
以前の記事
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧