政財界倶楽部         (恩田将葉見聞録)

INFORMATION
New Album
2006年1月18日発売
『リボン』
[初回盤]
[初回盤]
価格:3,150円(税込)
SNCC-86913
(CD+DVD/2枚組)
この商品を購入する
[通常盤]
[通常盤]
価格:2,800円(税込)
SNCC-86914 
この商品を購入する
LINK
ゆずOFFICIAL SITE
ARTIST DATA
ツアーブログ 総動員DEいきまっしょい!!
excite MUSIC

自民党分裂の可能性

自民党分裂の可能性
2009年7月14日

 元々、水面下で、分裂を目論む動きはあった。当然のことだ。麻生氏率いる自民党、安倍元総理以来の自民党は、政党とはいえないほどに惨めなものであったのだから。嘗ての誇りはどこにいってしまったのか。私利私欲、仇打ちに翻弄され、政治の根本を忘れ、国民の声も聞こえなくなってしまっている。しかし、本来、自民党には、民主党にはない底力と柔軟性がある。それこそが自民党の強さである。自民党内には、良い政治家もたくさんいるのだ。だが、悪党が党内に憚り、真面目に国を思う良い政治家が頭角を現わせない今の自民党に、存続の意味も、政権を維持する意味もない。この国のことを真剣に考える政治家達は、自民党にしがみつくことなく離党して新自民党を結党し、政治改革に邁進すればよいのだ。

 民主党内にも、他の民主党議員達とは意見を異にし、大きな志と国を思う気持ちをもつ良い政治家がたくさんいる。彼らも離党し、自民党と民主党からの離党組両者が政策的に歩み寄り新自由民主党を結党することを期待していた。ところが、ここにきて、民主党側の勇士達は、離党することに二の足を踏みだした。何故なら、都議選で民主党が大勝したからだ。選挙で勝ち残るには、民主党の看板を背負っていた方が有利と考えだしたのであろう。そういうことではないのだが、まあ、政治家は選挙に当選しなければ唯の人なので、現行の政治システム下では仕方がないことなのかもしれない。だが、兎に角、政界再編の流れができてくることを期待したい。

 自民党側では、中川氏を中心に武部氏をはじめ小泉チルドレンと心ある議員達が飛び出してくれることを期待する。国民が望んでいるのは、既成政党によるキャッチボールではなく、新政党による、本当の意味での改革だ。そして、その時が今きている。この選挙は、何としても未来の日本への足掛かりの一歩になるような選挙にしなければならない。個人の思惑や私利私欲を捨て、この国未来のために何が一番大切かを考え、心ある政治家の先生方は次の一歩を決断して頂きたい。苦難の道であっても、そうすれば、その代償は必ずそんな政治家の先生方の上に国民から返されるはずである。私はそう信じる。
[PR]
by seizaikai_club | 2009-07-15 00:19 | 政治
<< 石原都知事の嘆きもっとも呆れた... 緊急スクープ続報 現自民党選挙... >>

「政治をもっと身近に」をスローガンにして、日本人にもっと「愛国心」を喚起すべく語る。
by seizaikai_club
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
政財界倶楽部代表  恩田将葉
 「政治をもっと身近に」をスローガンに、一人でも多くの日本国民が政治に関心を持ち、参加してくれるよう、執筆活動、出版活動等を通じ「愛国心」啓蒙活動をしている。国際化が進む世界の中で、日本の政治も若者の手で変革しなければならない!!

 政財界倶楽部代表恩田将葉は、 アメリカ合衆国カリフォルニア州で約9年間生活。その間、サン・フランシスコ州立大学(San Francisco State University, SFSU)国際関係学部で国際関係学と政治を学び、朝鮮半島問題専攻で卒業。その後、暫くアメリカで現地法人の会社(People Intertrade, Inc.)を経営した後帰国。帰国後は、記者と編集者を経て出版社である株式会社ぴいぷる社と株式会社政財界出版社、そして、夕刊紙「内外タイムス」を発行する株式会社内外タイムス社の社長に就任。活字業界一筋に生きてきた。現在は、経営から一歩引き、国際情勢ならびに政治を中心に、ジャンルを問わず執筆活動を継続中。プロの文士として、随筆、小説、脚本等あらゆる分野で執筆活動を展開し、文章を綴ることを天職としている。そのかたわら、日本に、嘗てのごとく「愛国人」を増やすべく、「政治をもっと身近に」をスローガンに、自ら「政財界倶楽部」を運営している。

検索
カテゴリ
タグ
以前の記事
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧