政財界倶楽部         (恩田将葉見聞録)

INFORMATION
New Album
2006年1月18日発売
『リボン』
[初回盤]
[初回盤]
価格:3,150円(税込)
SNCC-86913
(CD+DVD/2枚組)
この商品を購入する
[通常盤]
[通常盤]
価格:2,800円(税込)
SNCC-86914 
この商品を購入する
LINK
ゆずOFFICIAL SITE
ARTIST DATA
ツアーブログ 総動員DEいきまっしょい!!
excite MUSIC

緊急スクープ続報 現自民党選挙対策委員長古賀誠の秘書による総額1億3850万円の詐欺事件

緊急スクープ  続報
現自民党選挙対策委員長古賀誠の秘書による総額1億3850万円の詐欺事件
2009年7月11日

 その後、動きがあった。私の書いた記事は、古賀事務所側が掲載直後に把握したという情報が、有名作家O.E.氏より人を介して私の元へと届けられた。また、昨日は、私が取材をさせて頂いた被害者の方からも電話を頂いた。古賀事務所の番頭格である秘書F氏から、近々会いたいという申し入れだということだ。どういう話であるのかは、会ってみないとわからないということであった。ただ、臭いとしては、政治家事務所の常套手段である本人ではなく秘書が勝手にやったとう方程式での対応であるようだ。事件当事者である小川元秘書に関しても、そういう言い訳なのであろう。そして、被害者に会いに来る番頭格秘書F氏も、古賀氏自身ではなく、自分が自分の裁量で勝手にしたというスタンスで対応してくるようだ。多分、選挙が目前に迫っていなければ、そんな対応さえしてこないのであろう。選挙が近いので、取り敢えずこの場をそんな安易な手法で乗り切り、選挙が終わればまた知らん顔というところだろうことは容易に想像できる。

 だが、ことはそんなに簡単なことではない。複数の重要な問題が、この事件には潜んでいることを古賀氏自身が理解しなければならない。一つは、「東京鉄鋼」株のインサイダー取引の問題。そして、もう一つは、スイスとリヒテンシュタインに開設している口座に纏わる、外為法違反問題である。この二つの問題は、司法関係者も非常に大きな関心を持っているようだ。証拠品の有無等、何度となく私へも問い合わせがあったことをここに報告しておく。

 また、金の流れに関しても、真実が分かってきた。古賀氏の指示かあるいは横領したのかは定かではないが、1億3850万円の一部が小川の懐にも入っているようだ。それが口止め料として見過ごされたものなのか、横領で古賀氏の逆鱗に触れ解任されたものなのかは、未だ定かではない。今後も取材を続ける。
[PR]
by seizaikai_club | 2009-07-11 03:58 | 政治
<< 自民党分裂の可能性 麻生総理「辞任」も選択肢に…!? >>

「政治をもっと身近に」をスローガンにして、日本人にもっと「愛国心」を喚起すべく語る。
by seizaikai_club
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
政財界倶楽部代表  恩田将葉
 「政治をもっと身近に」をスローガンに、一人でも多くの日本国民が政治に関心を持ち、参加してくれるよう、執筆活動、出版活動等を通じ「愛国心」啓蒙活動をしている。国際化が進む世界の中で、日本の政治も若者の手で変革しなければならない!!

 政財界倶楽部代表恩田将葉は、 アメリカ合衆国カリフォルニア州で約9年間生活。その間、サン・フランシスコ州立大学(San Francisco State University, SFSU)国際関係学部で国際関係学と政治を学び、朝鮮半島問題専攻で卒業。その後、暫くアメリカで現地法人の会社(People Intertrade, Inc.)を経営した後帰国。帰国後は、記者と編集者を経て出版社である株式会社ぴいぷる社と株式会社政財界出版社、そして、夕刊紙「内外タイムス」を発行する株式会社内外タイムス社の社長に就任。活字業界一筋に生きてきた。現在は、経営から一歩引き、国際情勢ならびに政治を中心に、ジャンルを問わず執筆活動を継続中。プロの文士として、随筆、小説、脚本等あらゆる分野で執筆活動を展開し、文章を綴ることを天職としている。そのかたわら、日本に、嘗てのごとく「愛国人」を増やすべく、「政治をもっと身近に」をスローガンに、自ら「政財界倶楽部」を運営している。

検索
カテゴリ
タグ
以前の記事
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧