政財界倶楽部         (恩田将葉見聞録)

INFORMATION
New Album
2006年1月18日発売
『リボン』
[初回盤]
[初回盤]
価格:3,150円(税込)
SNCC-86913
(CD+DVD/2枚組)
この商品を購入する
[通常盤]
[通常盤]
価格:2,800円(税込)
SNCC-86914 
この商品を購入する
LINK
ゆずOFFICIAL SITE
ARTIST DATA
ツアーブログ 総動員DEいきまっしょい!!
excite MUSIC

緊急スクープ 現自民党選挙対策委員長古賀誠の秘書による総額1億3850万円の詐欺事件

緊急スクープ
現自民党選挙対策委員長古賀誠の秘書による総額1億3850万円の詐欺事件
2009年6月25日

 古賀誠現自民党選挙対策委員長の秘書小川俊忠による詐欺疑惑が、小沢一郎民主党前代表の秘書と西松建設による選挙資金規正法違反事件に続き、自民・民主両党苦戦が予想される総選挙前に急浮上した。当初、民主党による自民党へのリベンジかと思ったが、取材を進めてみるとそうではなかった。大臣の椅子を狙い、金を必要としていた当時建設政務次官の古賀誠代議士は、株のインサイダー取引による一攫千金をある人物に指南された。だが失敗に終わり、期待に反し大きな損失をだしてしまった。困惑する古賀誠代議士を見かねた秘書の小川俊忠が、日興ファイナンスの代表より複数回にわたり、古賀誠代議士の政治資金名目で、株による損失補填のための融資を受けた。だが、融資されたお金は1円たりとも返済せず、小川俊忠秘書はトカゲの尻尾切りよろしく姿を消した。これがこの疑惑の真相だ。



■民主党や選挙とは関係ない疑惑の背景■

 なぜこのタイミングで、現役自民党選挙対策委員長古賀誠に関わるスキャンダルが急浮上したのか、そのこと自体に大きな疑問を感じる読者が多いと思う。実際、取材をした私も、この事件に関する話を持ち込まれた際、そのように思った。政権交代、もしくは政界再編と、どちらにしても窮地に追い込まれている自民党。その自民党の現役選挙対策委員長のスキャンダルがでた段階で、民主党の仕業に違いない、良く検証してみなければ、事件自体眉唾ものかもしれないと思った。少し前に注目の的になった、民主党前代表小沢一郎の秘書と西松建設による政治資金にまつわる事件も、国策捜査ではないかとか、自民党の仕業ではないのかと、色々な噂が飛び交っている。この件も、民主党による自民党へのリベンジなのではないかとさえ思ってしまったほど政治に対する不信は高まっている。

 ところが、被害者に会い、事件の詳細を聞き、貸し与えられた各種資料をもとに取材を進めてみると、これは選挙とはまったく関係なく、民主党とも自民党ともまったく関係ない、善意の第三者が騙された詐欺事件であることがわかってきた。だとすれば、許されることではない。ましてや、加害者が公人である代議士もしく代議士の関係者であればなおさらのことだ。

 本来、代議士とは、有権者である国民の生命財産を守るべき人たちであるはずだ。にもかかわらず、有権者である国民を守るどころか、反対に騙して多額のお金を搾取したとなれば、これは本末転倒であり政治家としての資質に大きな問題があるといわざるを得ない。それどころか、政治家を続ける資格がないといっても過言ではない。

 取材を進める内に、驚くべき事実まで発覚した。被害者である債権者は、なんと古賀誠代議士の選挙区に近い福岡県久留米市の市民である医療関係者なのだ。本来自分の地元選挙区の人々のことは、他の有権者以上に大切にするのが代議士の常である。ところが、自分の地元選挙区の有権者を大切にするどころか、蔑にしたというのだから呆れて開いた口が塞がらない。


■武闘派古賀誠の人生色々■

 古賀誠代議士といえば、名実ともに自民党の重鎮である。重鎮という単語が彼に相応しいか否かはまた別の問題ではあるのだが・・・。野田聖子との関係や郵政選挙の際小泉元首相への抵抗勢力の筆頭となったり、靖国神社遺族会の会長職を利用して遺族達へ唾をはくような発言をしたり、母校日大との公私に渡っての癒着問題や、道路族として得た情報をもとにしての土地買い漁り問題など、悪名も多く轟く。政治記者達の間では、グレーゾーン代議士という評判がもっぱらだ。ただ、なかなかの猛者で、油断のならぬ相手であることは間違いない。

 そんな古賀誠代議士は、昭和四十二年から昭和四十九年まで故鬼丸勝之参議院議員の秘書を務め、昭和五十五年六月に行われた第三十六回衆議院議員総選挙で初当選を果たした。その前年昭和五十四年十月に行われた第三十五回衆議院議員総選挙にも出馬したが、残念ながら落選している。

 派閥は当選以来宏池会で、現宏池会会長でもある。だが、派閥違いである野中広務元代議士と、師弟関係以上の関係にあることは有名だ。自民党内では、野中を踏襲し左派の中心人物として、人権擁護問題等で大きな功績も数多く残している政治家である。

 だが、その反面、水面下では金にからんだ噂が後をたたないことでも知られている。道路族である古賀氏のもとには、全国津々浦々の道路や鉄道の最新情報が集まる。その情報をもとにして、古賀氏は誰よりも早く道路や鉄道が建設される予定地を安く買い叩き、それを後に高く売り大きな利益を手にしていることでもよく知られている。時には、不良を使って手段を選ばぬ方法で、地上げしているという噂もある。しかし党内では、宏池会では珍しく武闘派であるため、政治家もマスコミも彼には正面切ってモノがいえない。いうなれば自民党内の番長のような存在だ。そんな古賀誠代議士の秘書の一人、小川俊忠が、総額一億三千八百五十万円の詐欺事件を起こした。古賀誠代議士の政治活動のための融資として貸し出された一億三千八百五十万円は、一円も返済されていない。それどころか、古賀誠事務所は、口を閉ざしたまま時効を待ちやり過ごすという卑劣な手で被害者を苦しめている。


■代議士秘書による多額詐欺事件■

 政治家秘書による詐欺事件は、昔から後を絶たない。だが、総額一億三千八百五十万円ものお金を、代議士秘書の名刺を使い、政治活動資金名目で借り受け、踏み倒すというのは前代未聞である。良くも悪くも腹が据わっているとしかいいようがない。

 ことの発端は、昭和六十三年六月に、「建設政務次官・衆議院議員古賀誠 秘書小川俊忠」という名刺を持って小川俊忠本人が、神奈川県藤沢市で日興ファイナンスという金融会社を営む星山博成代表のもとに、金を借りにきたことである。普通、初めての客に、多額のお金を融資することはあり得ない。だが、この時小川は、元々日興ファイナンスが一億円ほど貸し付けている客でコンピューター会社を経営する坂口という男に同伴されてきたこともあり、星山氏は最初から融資の話を前向きに取り合ってしまった。当然のことながら、星山氏は金の用途を小川に問いただした。すると小川は、間髪を入れずに、「現在建設政務次官を務める古賀先生は、大臣の椅子を狙って一番大事な時期にあります。大臣の椅子を手に入れるには、根回しやら何やかやと金がいくらあってもたりません。にもかかわらず、株で大きな損失をだしてしまい、古賀先生は非常に困っています。そこで、政治活動資金として、私が古賀先生に代わり融資を受けたいと思っています」と説明した。その小川の説明には澱みがなく、星山氏は小川と古賀代議士の師弟愛を感じてしまった。何故なら、星山氏は長年空手を修行していたので、小川と古賀代議士の関係に自分と空手の師匠との関係をオーバーラップさせてしまったというのだ。結局星山氏は、師弟愛をチラつかせた小川の演技に騙され、直ぐに五百万円のお金を融資した。しかし、この時とその直後、二回目の融資として八百万円を貸し出した際には、小川を星山氏に紹介したコンピューター会社を経営する坂口という男が小川の連帯保証人になっていたため、星山氏もあまり心配はしていなかった。実際、この一回目と二回目の融資に関しては、直ぐに坂口が全額返済したので、この頃には星山氏もすっかり小川のことを信じ込んでしまっていた。そして、その同じ月に、今度は小川が一人で星山氏を訪ねてきた。そして、三千八百万円の融資を申し込んだのだ。桁が違うことと、坂口同伴でないこともあり、一瞬星山氏も二の足を踏んだ。だが、直近二回の融資も完済されていることもあり、星山氏は三千八百万円の融資を年利十五%返済期間二十年という条件で約束してしまった。勿論この段階でも、小川は単なる窓口であって古賀代議士に迂回融資した、と星山氏は信じていた。ここから、全てが始まった。


■水戸黄門の印籠より効果絶大代議士秘書の名刺■

 その数日後、昭和六十三年六月九日、約束通り星山氏の会社日興ファイナンスから古賀誠代議士秘書小川への融資は実行された。融資条件は前記した通り年利十五%で返済期間二十年だが、担保は取り交わされなかった。何故なら、星山氏は、融資する段階で小川のことをすっかり信用しきっていたからだ。それには理由がある。小川は、星山氏を、古賀誠代議士のパーティーに招待し、星山氏は小川同行のもとそのパーティーに参加した。そして、そのパーティーの席で、星山氏が古賀誠代議士と直接話すことは叶わなかったものの、古賀誠代議士を取り巻く他の秘書達が小川のことを秘書仲間として扱い、その上秘書の中でも小川は最も大きな顔をして肩で風を切ってパーティー会場を縦横無尽に闊歩していたからだ。そんな小川の頼もしい姿を目の当たりにし、星山氏はすっかり信じ込んでしまった。小川は、古賀代議士のただの秘書であるにも関わらず、人々は小川のことを「先生」と呼んでいた。その事実は、星山氏の心を鷲掴みにした。確かに、小川は体格もよく、腹も据わった感じで存在感のある男であった。だが、パーティーでの小川は星山氏からしたら光っていたという。同時に、星山氏も小川のそんな姿を目の当たりにし、多少の夢をみてしまった。「代議士によくしておけば、商売上困り事があった際何か役にたつのではないか」という思惑などもはたらいてしまったのだ。結局、星山氏は三千八百万円という大金であるにもかかわらず、小川からも古賀事務所ならびに古賀誠代議士個人からも担保をとらずに融資してしまった。また、思い起こしてみると、小川にも古賀事務所側にも、星山氏側から担保などとはいいだせないような、目に見えない威圧感が漂っていたともいう。


■代議士の看板を信じ融資を重ねる■

 最初の小川俊忠への融資が成立して以来、小川は星山氏を何度となく古賀誠代議士のパーティーや名刺交換会など色々な会合へ誘い出した。そして、小川は、その度ごとに間違いなく小川が古賀誠代議士の秘書である事実を星山氏に見せつけた。当然のことながら、度重なるそのような会合に参加する中で、星山氏は小川へ古賀誠代議士を紹介してほしいとお願いしたこともあった。だが、見るからに多忙を極め、いつも要人達に囲まれる古賀誠代議士と名刺を交換できるチャンスなど自分にはない、と控え目な星山氏は自分で勝手にそう悟ってしまっていたという。小川も、星山氏の「古賀代議士と名刺交換したい」という申し入れを無下に断るようなことはしなかった。だが、星山氏自身が納得してしまうほど、当時の古賀は多忙を極め輝いていた。確かに、ニュースをみても、新聞をみても、古賀誠という名前が出ない日はないほど政治家として大きな光の下にいるように星山氏には思えたという。そのことは、どんな言葉より、星山氏にとっては説得力があり、古賀誠代議士の代理人である秘書の小川に、融資を続けることを迷いのないものにしていった、と星山氏は当時のことを回想する。


■豪放磊落で破天荒な無頼秘書小川俊忠■

 三千八百万円という最初の大型融資直後頃から、何度となく星山氏は小川から食事などに誘われ同席するようになっていた。そんな会食の際も、他の同席者は皆小川のことを「先生」と呼び、小川もまるで自分が代議士であるかのように大きな顔をしていたことが非常に印象的だったと星山氏はいう。しかし、そのことが、星山氏にとっては、小川を益々信用してしまう要因の一つでもあった。

 会食後は、必ず飲み歩くのが小川の習慣のようであった。星山氏は、小川は大事な商売の客でもあり、また自分の商売では巡り会うことも叶わない人脈であった。そんな複雑な思いもはたらき、星山氏は必ず最後まで小川に付き合い小川を大事にするようにしていたという。そんな小川は、いつもハシゴをした最後に、小川の愛人が勤める六本木にある高級クラブでお開きとした、星山氏はそう回想する。

 当然のことながら、会食や飲み歩きを重ねる度に、言葉では表現しきれない親密感が小川と星山氏の間に生まれたことは間違いない。また、そこが小川による「人たらしの極意」なのかもしれないし浅はかなところなのかもしれない。この頃には、星山氏にとって小川は客以上に大切な人にさえ思えていたという。小川は、色々なことを酒の力を借りて星山氏に話した。昭和二十五年四月六日の大牟田生まれであること。早稲田大学の政治経済学部を卒業し政治家を目指しているということ。早稲田大学時代には、弁論部に籍をおいていたこと。もう直ぐ、地元の県会議員として立候補させてもらえるかもしれないということ。古賀代議士がスイスやリヒテンシュタインに海外口座を開設し、そこに資産を隠し持っていること。九州新幹線を開通させるにあたって、古賀誠の自宅近くに筑後船小屋駅を開設したことの自慢話。道路族のドンとして入手する情報を利用して鉄道や道路の建設予定地を二束三文で地上げし転売して多大な利益を上げている自慢話。また、株のインサイダー取引で泡銭を得ている話なども酒の勢いで自慢気に語る小川の姿は、金を貸している星山氏からしたら頼もしくさえ見えたという。中でも、東証一部上場企業である「東京鉄鋼」という鉄鋼関連株にまつわるインサイダー取引話を、よく自慢げに話していたことが一番印象に残っているそうだ。


■マスコミ報道を利用した卑怯な手口■

 そのような状況下、結局星山氏は、その後、五回小川俊忠への融資を繰り返してしまった。勿論、毎回小川は、「古賀誠先生の政治活動資金のため」と説明していた。実際に、当時の流れとして、建設政務次官から次は大臣間違いなし、とマスコミ各社も連日報道していた。小川も口にしていたし、星山氏自身も、「古賀先生が大臣になれば、融資したお金など直ぐに返済される」と思い込んでいたという。そして、そのことを少しも疑わなかったともいう。そんな空気が、世間に満ちていたと星山氏は当時を振り返った。

 気付いてみれば、一円も返済されることなく、また一つの担保を設定することもなく、昭和六十三年六月九日に融資した三千八百万円の融資以後も、同じ条件で平成元年一月十八日に八百万円、同年二月二日に一千五百万円、同年三月十日に一千万円、同年八月十一日に五千五百五十万円、そして、同年九月十二日に一千二百万円、合計総額一億三千八百五十万円を小川俊忠へ対し融資してしまった。勿論、全て、古賀誠代議士の政治活動資金名目である。当然のことながら、賃貸借契約書や現金の受け渡しの際に小川からとった直筆領収書が残っている。裁判になれば証拠になる。それだけではない。請求書も、ずっと送付し続けてきた。だが、返済期日が過ぎた頃、突然東京都豊島区東池袋四丁目に住所があった小川俊忠は姿をくらました。その後板橋区赤塚に住所を移したことまでは突き止めた。だが、平成十四年以降、小川の消息は不明だ。彼の行方は、未だにまったくわからない。小川の消息に関して、古賀事務所に電話で問い合わせてみたが、けんもほろろである。それでも、小川俊忠が秘書であったことは、現役の古賀誠代議士秘書が認めた。
星山氏は、再三再四請求書や内容証明や手紙を配達証明付郵便で古賀誠事務所に送りつけている。だが、梨の礫を決め込み、まったく「借りた」とも「借りてない」とも返答はしてこない。唯一、「星山氏と古賀の間に面識があるとか、古賀が金を直接借りたとかいう証拠を出していただければ、こちらも対処致しますが・・・」という無碍もない返事が返ってきた。ただ、請求書をはじめ内容証明、そして、配達証明付の書留郵便全てを古賀誠事務所は受け取っている。このこと自体、古賀誠代議士はじめ古賀誠代議士事務所が、星山氏からの融資が小川俊忠個人のものではなく、古賀誠代議士の政治活動資金もしくはインサイダー取引にまつわる株投資での失敗額補填のために、古賀氏もしくは古賀誠代議士事務所へ迂回して流れたことを証明しているといえるのではないか。


■融資から二十年変わらぬ対応と現状■

 現在は、融資元金一億三千八百五十万円に加え、年利十五%でこの二十年間の利息が四億一千五百五十万円に膨らみ、請求合計金額は五億五千四百万円にまでなっている。そして、この債権は、お金を融資した日興ファイナンスの代表星山博成氏から、彼の空手の師匠であり世界的に有名な武道家として知られ、中国漢方医療の権威でもある福岡県久留米市の医療関係者へ譲渡されている。その理由は、この武道家である医療関係者に対し、星山氏自身が事業運営資金として二億円以上の債務があり、その債務の返済目的で、星山氏は古賀誠代議士の政治活動資金名目で小川俊忠へ融資した一億三千八百五十万円とその利息分の合計金額五億五千四百万円の債権を譲渡したからだ。星山氏の武道家へ対しての債務の中には、小川へ融資するためにこの武道家から借りた金も含まれている。その譲渡がなされた平成十六年以降は、その武道家である医療関係者より古賀誠代議士事務所へ対し、請求書と返済申し入れ書を送り付けている。それらの郵便物は、拒絶されることなく古賀誠代議士事務所によって受け取られている。しかし、返答はまったくない。


■国民を騙した許しがたい所業■

 金融業者からの融資に対する民事での時効は五年である。何を問い掛けても梨の礫ということは、五年間が過ぎ去り時効が成立するのを待っているのかもしれない。法律的には、そんなことが成り立つ。だが、道義的には、国民の代理人である代議士が、しかも宏池会という名門派閥の会長職にある人間が、それだけではない、自民党の現役選挙対策委員長の職にある代議士が、地元選挙区の有権者を騙し、金を返さないということは、如何なる理由があろうとも許されることではない。
 確かに、昔とは違い、政治家の金集めも難しくなった。それでも、昔とは変わらず政治には金が掛かる。特に選挙では、いくら金があっても足りないはずだ。だが、だからといって、有権者である国民を、代議士や政務次官や大臣の看板をチラつかせ騙し、罪もないそのような有権者である国民から金を取って返さなくてもいいということにはならない。そんなことをするために、政治家であるから知り得る情報や法律を駆使し、借りた金を踏み倒すようであるならば、そんな政治家はこの国に必要ない。政治家の資質以前に、人としての良心の問題である。如何なる理由があろうとも、この事件が許しがたい事件であることは間違いない。今後も取材を続け、より一層の真相を究明するつもりである。
e0069703_8345239.jpg
[PR]
by seizaikai_club | 2009-06-25 08:04 | 政治
<< ウイグル族の暴動とハッキング 7-11の独禁法違反問題と廃棄... >>

「政治をもっと身近に」をスローガンにして、日本人にもっと「愛国心」を喚起すべく語る。
by seizaikai_club
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
政財界倶楽部代表  恩田将葉
 「政治をもっと身近に」をスローガンに、一人でも多くの日本国民が政治に関心を持ち、参加してくれるよう、執筆活動、出版活動等を通じ「愛国心」啓蒙活動をしている。国際化が進む世界の中で、日本の政治も若者の手で変革しなければならない!!

 政財界倶楽部代表恩田将葉は、 アメリカ合衆国カリフォルニア州で約9年間生活。その間、サン・フランシスコ州立大学(San Francisco State University, SFSU)国際関係学部で国際関係学と政治を学び、朝鮮半島問題専攻で卒業。その後、暫くアメリカで現地法人の会社(People Intertrade, Inc.)を経営した後帰国。帰国後は、記者と編集者を経て出版社である株式会社ぴいぷる社と株式会社政財界出版社、そして、夕刊紙「内外タイムス」を発行する株式会社内外タイムス社の社長に就任。活字業界一筋に生きてきた。現在は、経営から一歩引き、国際情勢ならびに政治を中心に、ジャンルを問わず執筆活動を継続中。プロの文士として、随筆、小説、脚本等あらゆる分野で執筆活動を展開し、文章を綴ることを天職としている。そのかたわら、日本に、嘗てのごとく「愛国人」を増やすべく、「政治をもっと身近に」をスローガンに、自ら「政財界倶楽部」を運営している。

検索
カテゴリ
タグ
以前の記事
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧