政財界倶楽部         (恩田将葉見聞録)

INFORMATION
New Album
2006年1月18日発売
『リボン』
[初回盤]
[初回盤]
価格:3,150円(税込)
SNCC-86913
(CD+DVD/2枚組)
この商品を購入する
[通常盤]
[通常盤]
価格:2,800円(税込)
SNCC-86914 
この商品を購入する
LINK
ゆずOFFICIAL SITE
ARTIST DATA
ツアーブログ 総動員DEいきまっしょい!!
excite MUSIC

ホテル・ルワンダ

ホテル・ルワンダ
2009年5月31日

 昨晩、ケーブルTVで映画「ホテル・ルワンダ」を観た。以前より、観なければと思っていた映画だ。非常に大きな感銘を受けた。古今東西を問わず、人間とは何と浅はかで、残酷で、冷酷無比な存在なのだろうと心が強烈に痛んだ。しかし、あのような理不尽で危険な状況下でも、自分の命を掛けて、家族を守り、他人を守ろうとする人がいるのも同じ人間の為せる業である。

 ユダヤ人を命懸けで救けたシンドラーにしても、杉原千畝にしても、マザーテレサにしても、自分の人生を掛けて、自分の命を掛けて、自分以外の人間の命を必至に守ろうと奔走した心に愛が満ち溢れている素敵な人もいる。残酷な反面、そんな愛に満ちた人々もいる。それが人間だ。本当に素晴らしいことである。

 ミャンマーをはじめ、アフリカや中央アジアから中東にかけては、まだまだ、理不尽な一部の人間の私利私欲や自分勝手な思惑によって、多くの民が苦しめられている国々がある。自分達の力ではどうしようもなく、人道支援を待ち望んでいる人々がそんな国々にはたくさんいる。にもかかわらず、物質文明に翻弄され溺れた社会に身をおく私は、何一つ他人のために働くこともできずに日本にいる。大学時代に、学んでいたことを、自分のことばかりで忘れ去っていた。そんな忘れかけていた熱い思いを、映画「ホテル・ルワンダ」は回帰させてくれた意味深い映画であった。

 人のために心を砕き、人のために自分の時間を費やす。誰にでもできることであるのだが、なかなか難しいこと。「誰もが、ほんの少し、人のために心を砕き、時間を費やせば、もっとこの世界は平和になる」という大学時代の恩師から言われた言葉が脳裏に蘇った。心に深く響き、そんな思いに立ち返らせてくれる、映画「ホテル・ルワンダ」はそんな意味深い映画であった。
[PR]
by seizaikai_club | 2009-05-31 09:29 | 国際情勢
<< 滋賀県警による銃刀法に関する解... 舛添要一厚生労働大臣のプロパガ... >>

「政治をもっと身近に」をスローガンにして、日本人にもっと「愛国心」を喚起すべく語る。
by seizaikai_club
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
政財界倶楽部代表  恩田将葉
 「政治をもっと身近に」をスローガンに、一人でも多くの日本国民が政治に関心を持ち、参加してくれるよう、執筆活動、出版活動等を通じ「愛国心」啓蒙活動をしている。国際化が進む世界の中で、日本の政治も若者の手で変革しなければならない!!

 政財界倶楽部代表恩田将葉は、 アメリカ合衆国カリフォルニア州で約9年間生活。その間、サン・フランシスコ州立大学(San Francisco State University, SFSU)国際関係学部で国際関係学と政治を学び、朝鮮半島問題専攻で卒業。その後、暫くアメリカで現地法人の会社(People Intertrade, Inc.)を経営した後帰国。帰国後は、記者と編集者を経て出版社である株式会社ぴいぷる社と株式会社政財界出版社、そして、夕刊紙「内外タイムス」を発行する株式会社内外タイムス社の社長に就任。活字業界一筋に生きてきた。現在は、経営から一歩引き、国際情勢ならびに政治を中心に、ジャンルを問わず執筆活動を継続中。プロの文士として、随筆、小説、脚本等あらゆる分野で執筆活動を展開し、文章を綴ることを天職としている。そのかたわら、日本に、嘗てのごとく「愛国人」を増やすべく、「政治をもっと身近に」をスローガンに、自ら「政財界倶楽部」を運営している。

検索
カテゴリ
タグ
以前の記事
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧