政財界倶楽部         (恩田将葉見聞録)

INFORMATION
New Album
2006年1月18日発売
『リボン』
[初回盤]
[初回盤]
価格:3,150円(税込)
SNCC-86913
(CD+DVD/2枚組)
この商品を購入する
[通常盤]
[通常盤]
価格:2,800円(税込)
SNCC-86914 
この商品を購入する
LINK
ゆずOFFICIAL SITE
ARTIST DATA
ツアーブログ 総動員DEいきまっしょい!!
excite MUSIC

未だ弔い合戦の様相を脱し得ない自民党の愚かさ

未だ弔い合戦の様相を脱し得ない自民党の愚かさ
2009年5月12日

 麻生総理が、小泉元首相の次男が立候補するにあたり、自民党の公認を与える手順に問題があったのではないかと疑問を呈したという。国民が不況に喘ぎ苦しんでいるというのに、いつまでたっても弔い合戦よろしく、党内で足の引っ張り合いをしているようでは、本当に有権者は自民党を見限ることになるということが、何故わからないのだろうか? しかも、総理総裁である麻生氏の発言だというから呆れてモノがいえない。昨日、民主党の小沢氏が辞意表明をしたばかり。来る選挙での苦戦乱戦が予想される今、なぜそんなに細かいことを口にしなければならないのか。本当に程度の低さは、救いようがない。メディアばかり喜ばせて何が楽しいのか? そんなことを口にして、自民党にプラスになるとでも思っているのか。こんなことでは、もう本当に、自民党にも、民主党にも、国民は微塵の信頼も寄せられない。冗談抜きで、政界再編、平成維新のような大改革に発展しなければ、この国は立ち直ることができないであろう。あまりにも政治家の程度が低すぎる。そして、程度の低い政治家が、大手を振って永田町を闊歩する環境自体に大きな問題がある。意識の高い中堅や若手の政治家も、複数いるのだ。彼らが頭角を現わせず、私利私欲で迷走する魑魅魍魎が肩で風をきっているようでは、もう全てをひっくり返すしか、この国が立ち直る道はない。そう思いませんか? それには、我々有権者の、国民の、民意で動かすしか方法はないのです。皆さん、政治へ対しての意識を高くもち、もうダメなこと、イヤなことには、ハッキリと「NO」をつきつけましょう。そして、私利私欲に溺れメタボ状態の腐った政治家達を、永田町から追い出しましょう。そうしなければ、結局皺寄せは、我々国民に巡ってくるのです。政治を等閑にすることから卒業しましょう。我々の手で、戦後政治を卒業し、21世紀の新しい政治体制に塗り替えようではないですか。今こそ、そのチャンスです。
[PR]
by seizaikai_club | 2009-05-12 18:24 | 政治
<< 盧武鉉(ノ・ムヒョン)前大統領... 小沢時表明に西松問題を結びつけ... >>

「政治をもっと身近に」をスローガンにして、日本人にもっと「愛国心」を喚起すべく語る。
by seizaikai_club
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
政財界倶楽部代表  恩田将葉
 「政治をもっと身近に」をスローガンに、一人でも多くの日本国民が政治に関心を持ち、参加してくれるよう、執筆活動、出版活動等を通じ「愛国心」啓蒙活動をしている。国際化が進む世界の中で、日本の政治も若者の手で変革しなければならない!!

 政財界倶楽部代表恩田将葉は、 アメリカ合衆国カリフォルニア州で約9年間生活。その間、サン・フランシスコ州立大学(San Francisco State University, SFSU)国際関係学部で国際関係学と政治を学び、朝鮮半島問題専攻で卒業。その後、暫くアメリカで現地法人の会社(People Intertrade, Inc.)を経営した後帰国。帰国後は、記者と編集者を経て出版社である株式会社ぴいぷる社と株式会社政財界出版社、そして、夕刊紙「内外タイムス」を発行する株式会社内外タイムス社の社長に就任。活字業界一筋に生きてきた。現在は、経営から一歩引き、国際情勢ならびに政治を中心に、ジャンルを問わず執筆活動を継続中。プロの文士として、随筆、小説、脚本等あらゆる分野で執筆活動を展開し、文章を綴ることを天職としている。そのかたわら、日本に、嘗てのごとく「愛国人」を増やすべく、「政治をもっと身近に」をスローガンに、自ら「政財界倶楽部」を運営している。

検索
カテゴリ
タグ
以前の記事
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧