政財界倶楽部         (恩田将葉見聞録)

INFORMATION
New Album
2006年1月18日発売
『リボン』
[初回盤]
[初回盤]
価格:3,150円(税込)
SNCC-86913
(CD+DVD/2枚組)
この商品を購入する
[通常盤]
[通常盤]
価格:2,800円(税込)
SNCC-86914 
この商品を購入する
LINK
ゆずOFFICIAL SITE
ARTIST DATA
ツアーブログ 総動員DEいきまっしょい!!
excite MUSIC

小沢時表明に西松問題を結びつけたがるマスコミの愚かさ

小沢辞意表明に西松問題を結びつけたがるマスコミの愚かさ
2009年5月11日

 今日の午後5時より、民主党代表の小沢一郎が辞意表明をした。このことに関しては、1つ前の記事でも書いたのでお読み頂きたい。

 ただ、この小沢辞意表明に関しての各メディアの反応には、いささか呆れかえる。いつまでたっても、同じことを繰り返し、西松建設からの政治献金問題との因果関係ばかりを解き明かそうとしたり、関連付けて国民に悪い印象を与えようとばかりしている。簡単にいえば、子供のいじめや企業内での足の引っ張り合いと同じ次元での報道ばかりを繰り返している。

 良識ある評論家や見識あるジャーナリストなら、そんなつまらない議論はしないはずだ。何故なら、西松の事件のことを考慮しての辞任であるのならば、小沢一郎は辞任せずそのまま代表の座にしがみついていた方が得であることは、司法捜査のことを知っているジャーナリストや評論家ならば、誰もが何故このタイミングで辞意表明と不思議に思うはずだ。常識的に考えて、現役でいる方が、退くよりも捜査の手から距離感を保つことができることは当り前のことである。

 もし、小沢が西松建設からの政治資金問題を配慮してということであれば、辞任はしない。小沢は、次の選挙で勝つためにはどうしたらいいかということだけを考えているから、色々な意味で風あたりが強くなり、また党内の結束にも疑問を感じざるを得ないという状況に落ちいたことを考慮して、苦渋の選択をしたのだ。苦渋というよりも、逆転の発想であると私は思う。「身、正しければ、影の斜めなるを怕れず」の心境で、敢えて自らを切り捨て、乾坤一擲大逆転を狙っているから故の行動であり、決して逃げたのでも、投げ出したのでもないように思う。そのことは、この記者会見の中で、「挙党一致」ということを一般論とした上で強く訴えたところに如実に表れている。この辞意の意味の全てが、党内を一致団結させるためであることは誰の目にも明白である。あれは、党内の不穏な動きへ対しての一喝であり、これ以上は許さぬという恫喝であったと私は思う。だが、今日の記者会見のような「辞意表明」を通しての恫喝がなければ、きっと民主党は近い将来空中分解していたに違いない。

 最後に、私は小沢一郎応援団でも何でもない。ただ客観的に、そして、戦略的に見た場合、小沢の行動は天晴れで、タイミングも、行動も、なかなか見事であった。さすが、選挙のプロと呼ばれるだけはあると感心しただけだ。誤解のないように。
[PR]
by seizaikai_club | 2009-05-11 23:30 | 政治
<< 未だ弔い合戦の様相を脱し得ない... 軍師小沢一郎の出処進退問題を騒... >>

「政治をもっと身近に」をスローガンにして、日本人にもっと「愛国心」を喚起すべく語る。
by seizaikai_club
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
政財界倶楽部代表  恩田将葉
 「政治をもっと身近に」をスローガンに、一人でも多くの日本国民が政治に関心を持ち、参加してくれるよう、執筆活動、出版活動等を通じ「愛国心」啓蒙活動をしている。国際化が進む世界の中で、日本の政治も若者の手で変革しなければならない!!

 政財界倶楽部代表恩田将葉は、 アメリカ合衆国カリフォルニア州で約9年間生活。その間、サン・フランシスコ州立大学(San Francisco State University, SFSU)国際関係学部で国際関係学と政治を学び、朝鮮半島問題専攻で卒業。その後、暫くアメリカで現地法人の会社(People Intertrade, Inc.)を経営した後帰国。帰国後は、記者と編集者を経て出版社である株式会社ぴいぷる社と株式会社政財界出版社、そして、夕刊紙「内外タイムス」を発行する株式会社内外タイムス社の社長に就任。活字業界一筋に生きてきた。現在は、経営から一歩引き、国際情勢ならびに政治を中心に、ジャンルを問わず執筆活動を継続中。プロの文士として、随筆、小説、脚本等あらゆる分野で執筆活動を展開し、文章を綴ることを天職としている。そのかたわら、日本に、嘗てのごとく「愛国人」を増やすべく、「政治をもっと身近に」をスローガンに、自ら「政財界倶楽部」を運営している。

検索
カテゴリ
タグ
以前の記事
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧